私たちが
お伺いします

豊富な経験を有する
看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が在籍。
特定疾患、ターミナルケア、小児、難病患者にも対応しています。

ホウカンTOKYO 三軒茶屋 具志堅 温子

Ns(看護師)個別の疾患や機能とその回復への看護だけでなく、 日常生活に寄り添いQOL(生活の質)を高める サポートをします。

ホウカンTOKYO 三軒茶屋

具志堅 温子

一人ひとりにじっくり向き合うことで信頼関係を築きながら、生活そのものを支えていきます。訪問看護の時間はその人だけのための時間。ご本人とコミュニケーションをとりながら、必要なケアは何なのか、常に考えを巡らせ看護していきます。

ホウカンTOKYO 三軒茶屋 森谷 雅春

PT(理学療法士)運動療法・物理療法などの手法を用いて 「立つ」「座る」「歩く」等の基本動作能力の回復・維持を目指し、 自立した日常生活が送れるようサポートします。

ホウカンTOKYO 三軒茶屋

森谷 雅春

ご本人と会ってしっかりお話を聞き、身体機能・生活環境を総合的に分析・評価しその人にとって必要なリハビリプログラムを組み立てます。訪問リハはご本人、ご家族の生活の場に伺って行うリハビリテーション。だからこそ、限られた関わりの中で目標を達成できるよう質の高いサービスを提供することを常に考えています。

ホウカンTOKYO 代々木上原 竹浪 ルミ

OT(作業療法士)家事や趣味など、身の回りで必要な作業活動ができるように お手伝いしながら、社会への復帰・つながりづくりを サポートします。

ホウカンTOKYO 代々木上原

竹浪 ルミ

作業療法の役割は、日常生活機能の回復支援。食生活・住環境・社会的な環境…何が生活上の問題・原因になっているかをみつけ、そこに丁寧に向き合い対応していきます。ご本人が「何を大切にしているのか」を尊重し、ご家族も含め安心して・落ち着いて暮らせるよう考えていきます。

ホウカンTOKYO 三軒茶屋 對馬 一峰さん

ST(言語聴覚士)「食べる」「話す」「聞く」という 生きていくために大切な機能の回復・維持を サポートします。

ホウカンTOKYO 三軒茶屋

對馬 一峰

言語聴覚士が行うのは、飲み込み(嚥下機能)や言葉(失語症・構音障害)などに対するリハビリです。「食べる」や「話す」はその人らしさやいろいろな人とのコミュニケーションにかかわる大切な部分。ご本人の生活をベースに長期的な目標を立て、普段の生活の中でリハビリを習慣化できるように働きかけています。